読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふじめ

ふじめブログ

小説ライフオブパイ、自由

『ライフオブパイ』の中の、自由についての考えが面白い。

自由とは、放たれることではない。

例えば、動物には自分のテリトリーがあってそこでは安心して生きることができる。敵もいない、家族がいる、自分が最も楽でいれる場所。

だから、動物園の動物は檻をテリトリーとする。彼らを檻から放つことは、一見彼らを自由にするように見えるけどそうではない。むしろ慣れない場に自由どころか緊張する。実際に、動物園の放たれた鹿が檻に帰って来てしまうという話もある。

ライフオブパイより。

 

自由と解放は密接に関連すると思っていたけれど、そうでもないのかもしれない。

家を突然追い出されても、自由だ!とはならないなあ確かに。

自由とは。