読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふじめ

ふじめブログ

古仁屋という街

f:id:fujiem:20170327210450j:plain

奄美大島は南、古仁屋という街に3泊した。

奄美空港からバスを乗り換え2時間ほどのところに古仁屋がある。

奄美の夜は何もない、ただひたすら黒が続く。

海は真っ黒な石油のようで、ぜんぶ消してしまう黒さ。

山が連なる奄美にはトンネルが多い。

長い長いトンネルを抜けると、ぽつぽつと灯りがみえる。

そう、そこが古仁屋。

川端康成の『雪国』、

「トンネルを抜けるとそこは雪国であった。」の感覚がぴったりくる。

「トンネルを抜けるとそこは古仁屋であった。」

灯りがみえたときの安心感といったらもう。

『雪国』ならぬ、『南国』。

 

この街の人は本当に温かい。

歩いていれば子供は挨拶をし、

カラオケ店経営のハイカラおばさんは郷土餅をくれ、

回送バスのおじさんは見知らぬ私たちを乗せてくれた。

「海と山が全部、忘れさせてくれるんだね。」と友人は言ったけど、

本当にそう。

深い深い底が見える透明な海で、釣れない釣りをしてればどうでもよくなる。

ありがとう、古仁屋。

 

 

©︎[2017] [Fujime] All rights reserved
※この記事を含む今までの記事の、無断の転載・転用の一切を禁じます。