読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふじめ

ふじめブログ

"瞳を閉じて"妄想するユーミン

"風がやんだら 沖まで船を出そう
手紙を入れた ガラスびんをもって

遠いところへ行った友達に
潮騒の音がもう一度 届くように
今 海に流そう

霧が晴れたら 小高い丘に立とう
名もない島が 見えるかもしれない

小さい子供にたずねられたら
海の碧さをもう一度伝えるために
今 瞳を閉じて
今 瞳を閉じて"

(松任谷由実 ♪瞳を閉じて より)

 

ユーミン長崎県にある小さな島の高校に送ったうた。校歌として送られたけど、今では愛唱歌として歌われる。

聴くたびに、妄想してしまう。

 

漣をききながらすくすくと育ち、放課後はいつもの友達とあおい海ではしゃぐ。

島と高校の思い出に浸りながら、この校歌を歌って卒業していく。

大人になった私は、瞳を閉じて故郷の海を思い出す。

 f:id:fujiem:20170220163149j:image

そんな妄想。

切なく空しい気分になれる。

ユーミンのうたの素晴らしさを思う。

 

©︎[2017] [Fujime] All rights reserved

※この記事を含む今までの記事の、無断の転載・転用の一切を禁じます。